テレビ化される「フロム・ダスク・ティル・ドーン」写真:Album/アフロ

写真拡大

ロバート・ロドリゲス監督が、今年12月をめどに新テレビチャンネル「エル・レイ・ネットワーク(El Rey Network)」の立ち上げを企画しており、その第1弾作品として、1996年の自作「フロム・ダスク・ティル・ドーン」をテレビシリーズ化する予定であると米Deadlineが報じた。

ロドリゲス監督、クエンティン・タランティーノ脚本の「フロム・ダスク・ティル・ドーン」は、ジョージ・クルーニーとタランティーノ扮する凶悪犯罪者兄弟の逃亡劇を軸に、前半はアクション、後半はスプラッターホラーへと転換する異色作。テレビ版のスタッフ・キャストは現時点では未定。

ロドリゲス監督は今年、「マチェーテ・キルズ(原題)」の公開が予定されている。

■関連記事
ロバート・ロドリゲス監督「マチェーテ」続編の全米公開日が決定
米ケーブル大手コムキャスト、R・ロドリゲスらによる独自チャンネル始動
「マジック・マイク」公開記念 米タイム誌選出「映画のなかのストリッパー10人」
「シン・シティ2」の全米公開が13年10月に決定
「パルプ・フィクション」「スクリーム」などミラマックス名作がブルーレイに