iPhoneのディスプレイが横表示、縦表示にならない

写真拡大

iPhoneには向きを感知して自動で縦向きの表示、横向きの表示に切り替わる機能がついています。この機能がうまく動かなくなっている場合は、下記のことを確認してみましょう。

■ロック解除されているか確認

画面の向きをロックし、表示を縦・横に切り替えないような設定をしている場合があります。ロックを解除するには、ホームボタンを2度押し、最近使っているアプリの表示が出てきたら左へフリックし、スクリーン回転ロックボタンを表示させます。スクリーン回転ロックボタンに鍵マークがついている場合はロック状態のため、タップして解除しましょう。

■特定のアプリ、コンテンツだけが横、又は縦表示になる

アプリによっては横表示、縦表示のみしか使えない場合があります。アプリによる問題なのか、本体の問題なのかを調べるにはiPhoneに元から入っている計算機アプリを利用してみましょう。

計算機の画面が切り替わらない、画面の向きにロックもかけていないという場合は、本体による問題の可能性があります。また計算機が問題なく回転される場合は、そのアプリが表示を回転することができないものということです。またコンテンツの表示、向きが変わらない場合も同様、そのコンテンツによっては向きが回転されないものもあります。

■iPhoneの持ち方を確認する

iPhoneが水平状態のままだと、画面の向きは回転しません。画面の向きを切り替えたいときは、iPhoneを起こした状態にしておくことが必要です。

■iPhoneの写真を見ているとき

iPhoneの写真を見ているときは、写真に指が触れている状態だと写真が回転されないようになっています。指を画面から離し、横・縦表示に切り替わるかどうか確認してみましょう。

■iPhoneを再起動してみる

本体による問題の可能性が大きい場合は、iPhoneを再起動して改善されるかどうか、確認してみましょう。

■再起動でも改善されない場合

再起動でも改善されない場合は、本体を復元して確認してみます。本体を復元する前にデータが失われないよう、iTunesでバックアップを取っておきましょう。

iTunesが最新バージョンでインストールされていることを確認し、iPhoneを接続しデータのバックアップをとってから復元を行います。復元後に再起動されたら、画面にしたがって再設定を行いましょう。