メリッサ・ジョーン・ハート

写真拡大

『サブリナ』『メル&ジョー 好きなのはあなたでしょ?』のメリッサ・ジョーン・ハートが、主演映画の資金調達にと乗り出したファン基金サイト「キックスケーター」で、まるで資金が集まらず惨敗を喫していたことがわかった。

当サイトでもたびたび登場するキックスケーターとは、ファン基金サイト。『ヴェロニカ・マーズ』映画化の資金調達に使われ、大成功をおさめ、『scrubs〜恋のお騒がせ病棟』のザック・ブラフも同サイトを通じて自身の監督作の資金集めに成功、今、業界から熱い視線を注がれているシステムである。しかし、だからと言って誰もが目標達成できるほど甘くはないようだ。

HUFFPOSTによると、メリッサは新作『Darci's Walk of Shame』の資金調達のため、キックスケーターでキャンペーンを展開、目標を200万ドル(約2億円)としていた。これは『ヴェロニカ・マーズ』やザックの新作『Wish I Was Here』と同額であるが、目標額を軽々と達成した2作品と比べ、メリッサの『Darci's Walk of Shame』は、約1か月かけて5万1,605ドル(約528万円)というお粗末な結果となってしまった。これを受け、もちろん企画はキャンセル。『ニコルに夢中』以来の主演映画となるはずだった『Darci's Walk of Shame』は幻と消えてしまった。(集まったお金は返金されるのだろうか...?)

ファン基金の厳しい側面を見せつけられたメリッサだが、落ち込むことなかれ! 主演の『メル&ジョー』は好調でシーズン3の製作も決定、アメリカでは5月29日より放送もスタートする。今回は企画が悪かったと思って、また別の作品で挑戦してみては? ※文中のレートは1ドル=102円換算(海外ドラマNAVI)



■関連記事
『ヴェロニカ・マーズ』に続け!『scrubs〜恋のお騒がせ病棟』ザック・ブラフがファンの寄付で映画製作へ
映画版『プッシング・デイジー』にはゾンビが登場! ブライアン・フラー「もしもシリーズ」再び
『New Girl』のマックス・グリーンフィールド、映画版『ヴェロニカ・マーズ』に出演