「HEYAZINE」と「マイナビ賃貸」が賃貸物件情報の提携を開始

写真拡大



イタンジ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:伊藤嘉盛)が運営する賃貸情報サイト「HEYAZINE(ヘヤジン)」と株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)が運営する賃貸情報サイト「マイナビ賃貸」は15日、賃貸物件情報の掲載で提携をスタートした。





「HEYAZINE」は、管理会社・募集会社に限定した物件を掲載する賃貸情報ポータルサイト。不動産管理会社と直接つながることができるのが特徴で、物件に関する気になることをワンクリックで不動産会社に質問できる「クイック質問」などの機能がある。



今回の提携により、「HEYAZINE」でも「マイナビ賃貸」に掲載されている賃貸物件情報(管理・募集会社が直接入居を募集している物件)のうち約35,000件(2013年5月時点)が参照できるようになり、ユーザーの選択の幅が広がった。より多くの物件のなかから自分のニーズに合った物件を検索できるだけでなく、部屋の内覧をする前に物件の状況や契約条件について簡単に問い合わせができるため、効率の良い部屋探しが可能となった。



「マイナビ賃貸」に掲載中の物件情報を、ユーザーに便利な独自の機能が搭載されている「HEYAZINE」で活用できるようになった今回の提携。両社の取り組みは、「時間とコストのかかるもの」という印象の強かった部屋探しの効率を上げる新しい試みと言える。「日ごろ忙しくて物件探しに時間をかけられない社会人や、いきなり不動産業者を訪問するのに躊躇いを感じる“部屋探しビギナー”などにもおすすめ」とのこと。連携開始の段階では、東京、神奈川、埼玉、千葉エリアの物件が対象として掲載される。