『子曰、其身正、不令而行、其身不正、雖令不従』(其の身正しければ…)【ビジネスシーンで使える論語】

写真拡大

仕事では、同じことをするにも色々なアプローチの仕方があります。それだけに多くの人がかかわる仕事になると意見も異なってくることも少なくありません。もし、そんな場面に出会ったら、次の言葉を思い出してください。

『其身正、不令而行、其身不正、雖令不従』(其の身正しければ、令せざれども行わる。其の身正しからざれば、令すといえども従わず)

自分自身が正しくさえあれば、命令などしなくとも人々は行動する。また行いが立派な者であれば、誰もが思わず従ってしまうものである。逆に自分自身が正しくなければ、例え命令をしたとしても人々は従わないものである。

命令するには言葉が必要ですが、言葉は実践を伴ってこそ力を持つものです。自分が実際に行っていれば、それを人に命じた時に説得力があり、自然に人はその言葉に従います。不言実行であれ有言実行であれ、まず自らが動くことが大切です。

ビジネスでは、自分がリーダーシップを取らなくてはならない場面が必ずあります。人をまとめて導くことは大変ですが、そんな時は、まず自らが動いて、実際にやってみるようにしましょう。そうすれば、言葉で命令しなくても、他の人はきっとついてきてくれるはずです。迷った時には、この言葉を思い出して、まず実行しましょう。きっと上手く行くはずです。