作家 江上 剛氏

写真拡大

私の自宅の机の上には聖書が何冊か積んであります。

私と聖書の出合いは高校生のときに遡ります。1970年頃、私は兵庫県丹波で育った田舎の高校生でした。人並みに「人生とは何ぞや、人とは何ぞや」と思い悩んでいたからでしょう、何気なく聖書を購入し、教会にも行ったことがありました。

私はキリスト教の信者ではありませんが、以来、聖書はずっと持っています。第一勧業銀行(現みずほ銀行)に入ってからも、聖書、特に新約聖書は、いつも鞄の中に入れていました。通勤電車の中で読書をするとき、他の本に飽きると聖書を取り出してパラパラとめくるのです。

聖書はどのページをめくって、どこから読んでもいい。そうすると、いまの自分の状況をぴたりと言い当てている言葉に巡り合う。キリスト教とは何ぞやという学問的な難しいことを知らなくても、パッとめくったときの一言、あるいは一行が胸にグサッと突き刺さってきます。

それは何よりも言葉に力があるからでしょう。何か問題が起きて悩んでも、その一言で助けられ、支えられる。まさに「ワンフレーズ・ポリティクス」。非常に得難い「書物」だと思います。

私はこれまで、いろいろな事件に巻き込まれてきました。人生で2度も強制捜査を経験しましたが、逃げたことはないつもりです。おかげで少し逃げ遅れてしまったこともありますが……。

強制捜査の1つ目が97年に起こった第一勧業銀行の総会屋事件。第一勧銀が長年、大物総会屋に不正融資をしていたことが発覚したのです。当時、私は広報部の次長で、事件の真相を調査する社会責任推進室室長も務めました。

■尊敬する人が次々と逮捕される

そのときに指針になった聖書の言葉は、「狭い門から入りなさい」(マタイによる福音書・7章13節)です。人間は誰しも、仕事でも日々の判断でも、安易で楽な道を選ぼうとします。事件が発覚してからというもの、マスコミから責められ、記者たちが自宅にまで押し寄せてきました。本当は逃げ出したい。そういうときに聖書をめくると、「狭い門から入りなさい」「滅びに通じる門は広い」という言葉にぶつかるわけです。

それで、やはり安易な道を選んではいけない、歯を食いしばって困難な事態にぶつかっていこう、と考えたのです。

もうひとつ指針になった言葉は、「覆われているもので現されないものはなく、隠されているもので知らずに済むものはない」(ルカによる福音書・12章2節)です。

総会屋への融資を隠すために不良債権を“飛ばす”など偽装工作をしていましたが、絶対に隠しおおせることはありえないと思いました。汚い部分があっても隠してはいけない。1つの隠ぺいが新たな隠ぺいを生み、最後には破滅が待っているからです。

総会屋事件で一番辛かったのは、自分が尊敬したり世話になった人たちが、次々に逮捕されていったことです。

その逮捕に私は1つ1つ付き合いました。その人たちから「後は頼む」とか、1つ1つ言葉や依頼ごとを託されるわけです。その都度、涙が本当に止まりませんでした。

それからもう1つ辛かったのは、事件が収まり銀行が落ち着き始めると、陰で、銀行が大混乱し信用を失ったのは、「あいつのせいだ、あいつが騒いだからだ」と言われるようになったことです。

そうしたこともあり、どこかの時点で自分自身にけじめをつけなくてはいけないと思いながら、暮らしていたことは事実です。銀行を辞めた原因の根っこには、そんなこともあったのかもしれません。

ただ、そういう困難な辛いときでも、「明日のことまで思い悩むな」(マタイによる福音書・6章34節)という一言が、私を救ってくれました。

この一言は、第2の強制捜査を経験した日本振興銀行の経営破綻でも、私の救いとなりました。

日本振興銀行は、元日銀マンの木村剛被告(現在係争中)が、2004年に中小企業専門の金融機関として開業したものですが、当初の志と違って不良債権が積み上がり、10年9月に破綻してしまいました。私は04年から同行の社外取締役を、木村被告が逮捕されたあとの数カ月間は最後の社長を務めました。

この事件で本当に残念だったのは、同じく同行の社外取締役だった弁護士の先生が自殺されたことです。

言い訳に聞こえるかもしれませんが、日本振興銀行の件は、月に何回か銀行に行くだけで、相手を信じ切っていた私には経営内容が一切わからなかった。木村被告が経営から逃げてしまった後、私の目の前に出てきた事実は、あまりにも重いものでした。

■教わるのではなく自分自身で言葉を探す

弁護士の先生も大変に悩んでおられた。私が早朝に起きて原稿を執筆していると、午前3時頃に私の携帯に電話がかかってきて悩みをお話しになる。先生が受話器の向こうで「死にたい、僕はもう死んでしまいたい」とおっしゃる。そのときに私は「いま思い煩うのはやめましょう。明日は明日、思い煩えばいいのですから」と繰り返し言っていました。

そのうちに、先生の状態もだいぶよくなられた。その日も夜遅く相談が終わって、みんなで食事をしたのですが、先生は私のスパゲティまで平らげてしまわれた。食欲もあったのです。先生が命を絶たれたのは、その翌日未明でした。

そういう悲しいことがあっても、日本振興銀行には従業員も顧客もいて、金融庁との交渉もある。自分だけ楽な道を選ぶわけにはいかないと、心を折らず懸命にやってきました。聖書を横に積んで。

こうした特別な事態だけでなく、日常の仕事でも、聖書はいろいろな場面で知恵を授けてくれます。

例えば私が銀行の支店長をやったときには「木が良ければその実も良いとし、木が悪ければその実も悪いとしなさい」(マタイによる福音書・12章33節)というフレーズを大切にしていました。「良い実がなる」ためには、まず良い木をつくらなくてはいけない。良い木をつくるには良い土をつくらなくてはいけない。

支店に置き換えれば、働くみんなが働きやすい環境を整えてやらずに、「あれやれ、これやれ」と口でやかましく言っても駄目。みんなが良い実を実らせることができるように土台をつくるのが、支店長の自分に与えられた仕事、と思って店舗運営しました。聖書の言葉を、良い実がならないのは実が悪いのではなく、マネジャーが悪いからだ、と理解したわけです。

聖書をパラパラとめくれば、「人はパンだけで生きるものではない」(マタイによる福音書・4章4節)というような有名な言葉に出合います。

「おまえは今期の業績が悪いから、ボーナスを下げる」などと言われたときには、「サラリーマンとはいえ、俺はパンだけで生きているわけではない。仕事に対するプライドで生きているのだから、自分は自分の生き方を貫けばいいんだ」と考えてもいいのです。

悩んだら聖書を読む。誰かに教わるのではなく、自分自身で言葉を探す。それが悩みを解決する最善策となる。そんな気がします。

----------

作家 江上 剛
1954年、兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。77年、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。高田馬場、築地各支店長を経て2003年退行。旧第一勧銀の総会屋事件を収拾し、映画『金融腐蝕列島 呪縛』のモデルとなる。02年に『非情銀行』で作家デビュー。著書に『聖書に学ぶビジネスの極意100』『合併人事』『奇跡のモノづくり』など。

----------

(作家 江上 剛 構成=原 英次郎 撮影=上飯坂 真 写真=PANA)