スタトレLAプレミアにトム来た、旧スポックも駆けつけ熱気最高潮。

写真拡大

超大作映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」のLAプレミアが5月14日(現地時間)、アカデミー賞の会場でもあるドルビーシアターで華やかに開催された。

会場には、J.J.エイブラムス監督、主演キャプテン・カーク役のクリス・パイン、大人気スポック役ザッカリー・クイント、その彼の恋人で美しき通信士ウフーラ役ゾーイ・サルダナ、ドクター・マッコイ役カール・アーバン、スールー役ジョン・チョウ、初登場のキャロル役アリス・イヴ、キャプテン・カークの良き理解者パイク提艦役のブルース・グリーンウッドなど出演者が続々と登場。旧スポック役のレナード・ニモイが登場すると、全米から駆けつけたファンたちで会場の熱気は最高潮に達した。

ファンからの山のようなサインや写真責めに、出演者たちはニッコリ。さらに大人気シリーズの最新作をいち早く鑑賞しようと、「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」(2011)でJ.J.エイブラムス監督とタッグを組んだトム・クルーズをはじめ、ケイト・ベッキンセールなど、多くのハリウッド・セレブや映画業界関係者が詰め掛けた。

公開前日までの全米での前売座席予約数は、前作比の200%増ですでに社会現象化。現地時間16日(木)からの公開では、本年度のトップを狙える大ヒットが期待されている。