これで異性にモテる! モテ部屋の作り方

写真拡大

彼女や彼氏を家に呼んでみたいけれど、がっかりされるのがイヤで呼べない…という方は、ちょっとずつ模様替えしていきましょう。完璧に作りこまなくても、ちょっとした工夫でモテ部屋に変えることができるんです。

■インテリアの基本、清潔感と統一感を出してみる

簡単なのはインテリアの色を統一する方法です。部屋の中で、大きい面積を取るもの、ラグやベッドカバー、カーテンの色を統一してみましょう。また床に物が置きっぱなしなら収納場所を考えましょう。収納上手な部屋には、清潔感が生まれます。

■部屋のサブカラーは25%、残り5%はアクセントカラー

サブカラーでとられてしまうのが、家具・家電製品の色。これらは買い替えが難しいため、変更できないものと諦めるしかありません。しかし、残り5%のアクセントカラーなら、手軽なものでアクセントを効かせることができます。クッションや枕カバーを好きな色に変えてみる。観葉植物や、壁飾りを置く。照明シェードを変えてみるなどして、アクセントカラーを取り入れてみましょう。

■部屋に香りづけする

こまめに部屋を掃除する人であれば、床や家具を拭き掃除するときに雑巾やバケツの水の中へ、数滴エッセンシャルオイルを含ませて拭くだけで香りづけができます。忙しい方なら、ルームフレグランスを利用するとよいでしょう。

■女性なら食材や調味料、男性なら大人っぽい趣味が見える部屋

女性の部屋なら見たことのない調味料や、ふだんスーパーで見かけない食材などが、冷蔵庫やキッチンにさり気なく置いてあると、男性から見て魅力的に見えるのだとか。同時にキッチンが機能的で清潔なのも好評価。また男性なら部屋にギターやレコード、帽子や時計コレクション、本や映画のDVDをディスプレイするなど、大人っぽい趣味を感じられる部屋の方が魅力的に見えるようです。

■食器へのこだわりは必須

カップにこだわりがあれば、たとえ中身が缶ジュースでもペットボトルのお茶でも、部屋に遊びに来た人へ最低限のおもてなしができます。またデザインが優れた美しい食器は、何げないものでもおいしく感じる効果が。モテる部屋には、おもてなしアイテムも多いのです。

■見落としがちな窓やベランダの掃除プラス、あっと言わせる工夫を

ホテルの部屋へ行ったとき、まずは窓の外を眺める人も多いはず。同じように異性の部屋の窓から、何が見えるのかと最初に確認する人も多いのではないでしょうか。ここで窓が汚い、ベランダが汚いのがばれてしまうと、かなり減点対象になってしまいます。窓やベランダの掃除をしておくのも大切ですが、ベランダがあるなら植物を育ててみる、すのこを引いてウッドデッキ風に仕上げてみるなど、ちょっと違う工夫があると異性に喜ばれやすいようです。是非休日を利用して、ベランダのプチ改良にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。