現在公開中の映画『聖☆おにいさん』をはじめ、今後は立川がより一層人気スポットに!?/[c]中村 光・講談社/SYM製作委員会

写真拡大

東京・新宿からJR中央線に乗って約30分。都内でありながら、どこかローカルな感じが漂う街・立川が、アニメファンの“聖地”として人気であることをご存知だろうか?この人気の火付け役は、原作の累計売り上げ部数が1400万部という超ベストセラーライトノベルをアニメ化した「とある魔術の禁書目録」をはじめとする通称「とある」シリーズだ。

【写真を見る】「立川降臨」と銘打たれ、街の各所には『聖☆おにいさん』の旗が(立川シネマシティ周辺)

今年2月に公開された『劇場版 とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟』が大ヒットを記録し、スピンオフ第2期「とある科学の超電磁砲S」が好評放送中の大人気アニメであるこのシリーズ。劇中に登場する“学園都市”は、立川駅周辺と多摩センター駅周辺が背景のロケ地となっており、数年前から“聖地巡礼”としてアニメファンを多く呼び込んでいる。前述の劇場版公開時には多摩都市モノレールとのコラボイベントやスタンプラリーが催され、立川に大勢のファンが詰め掛けた。

そんなスポット、立川の人気がいま、さらに過熱している。原動力となっているのは、5月10日(金)より公開中の映画『聖☆おにいさん』だ。中村光の同名人気コミックをアニメ映画化した本作は、イエスとブッダが、日本の東京都立川の安アパートで暮らす姿をコミカルに描いたもので、原作の時点から“立川ネタ”が随所に盛り込まれていることで話題になっていた。今回の映画公開を機に、市内をラッピングバス(イエスとブッダの車内放送つき)が走ったり、商店街には旗が掲げられたりと、さらにお祭りムードになっており、映画を見て“聖地巡礼”に繰り出し、街で写真を撮影する人も見受けられるようになっているのだ。

そして、7月からは新スタートするテレビアニメ「ガッチャマン クラウズ」もある。本作は、70年代に放送され人気を博した「科学忍者隊ガッチャマン」の完全新作で、第二の首都機能があり18万人の人々が暮らす2015年の東京都立川市が舞台という設定。16歳の女子高生が特殊な強化スーツを装着して戦う物語が展開し、立川がどのように描かれているのか気になるところだ。ちなみに今年は、8月24日(土)から実写版映画『ガッチャマン』も公開されるガッチャマンイヤーということもあって、一層の盛り上がりを見せることは間違いないだろう。

月刊少年チャンピオンで連載中のコミック「ハカイジュウ」など、立川を舞台にしている作品は他にも存在しており、まだまだ今後も盛り上がりそうな“聖地”立川。気になった人は、ぜひ足を運んでみてはいかが?【トライワークス】