アメリカ・フェレーラ

写真拡大

『アグリー・ベティ』で主人公ベティを演じたアメリカ・フェレーラが、この春(現地5月17日)、南カリフォルニア大学の国際関係学科を卒業することがわかった。

現在29歳のアメリカが、同大学に入学したのは10年も前のこと。その頃、女優として注目され、ついには『アグリー・〜』の主人公に抜擢。同作では後にゴールデン・グローブ主演女優賞も獲得することになるのだが、デビューして程なく売れっ子女優となったアメリカは、大学に通い続けることができなくなってしまったという。

女優か大学か。2つの選択に悩んだというアメリカ。しかし恩師デヴィッド・アンドラス氏に、「演じることへの情熱も国際舞台で活躍したいという願いも、この先きっと生きてくる」と助言され、自分のやりたいことを諦める必要はないと思い至ったという。その時に両方とも生かす方法を見つけようと決心したとおり、女優として成功したアメリカは、大学で学んだことを実践している。

有名人となったアメリカは、その強みを生かして2010年に民間の国際援助団体「セーブ・ザ・チルドレン」と協力し、アメリカや世界にいる恵まれない子どもたちの支援活動をスタート。マリへ渡航し、学校設立の資金集めにも奔走した。他にも、ニューヨーク・タイムズ紙の記者とパートナーを組んで、インドで人身売買が起きていることを周知する活動にもいそしんでいるという。

多忙な女優生活のかたわら、10年をかけてついに卒業の時を迎えようとしているアメリカは、ツイッターでその喜びを投稿。「あと3日で大学を卒業する! ついにこの日を迎えるのね! 10年もかかってしまったけれど、最高の気分よ」と、大学の関係アカウントにツイートすると、大学側も「おめでとう! あなたはここまで本当によく頑張りました。卒業式を楽しんで!」と返信した。

おめでとう、アメリカ! これからも女優に国際協力活動に、今後ますますの活躍と成功を願っています!(海外ドラマNAVI)



■関連記事
サルマ・ハエック、西部劇『シスコ・キッド』のリメイクドラマを製作!
『アグリー・ベティ』のアメリカ・フェレーラ、初舞台を見事やり遂げる!
"アグリー・ベティ"が歌って踊る! アメリカ・フェレーラ、舞台『CHICAGO』で主演!