トヨタ、レクサス「IS」をフルモデルチェンジし新ハイブリッドモデルも追加

写真拡大

トヨタ自動車は16日、レクサス「IS350」「IS250」をフルモデルチェンジするとともに、新たにハイブリッドモデル「IS300h」を追加して発売した。価格は、IS350が520万円〜595万円、IS250が420万円〜550万円、IS300hが480万円〜538万円。

今回のフルモデルチェンジでは、溶接打点間のピッチを細かくする新工法「レーザースクリューウェルディング」や、ボディを面で結合してたわみを抑える「構造用接着剤」などの新技術によってボディ剛性を向上させたほか、IS350には8-Speed SPDSを新採用し、多段オートマチックトランスミッションならではの滑らかな加速と、最短0.2秒で変速するMポジションでのダイレクトな操作感を両立したとのこと。

そのほか、車線の逸脱を検知してドライバーに警告する「レーンディパーチャーアラート」、後側方を走行する車両を準ミリ波レーダーで検知してドライバーに知らせ、線変更時の安全運転を支援する「ブラインドスポットモニター」、万一の事故の際はフード後方を瞬時に持ち上げ、歩行者頭部への衝撃を緩和する「ポップアップフード」などを採用している。

新設定されたIS300hは、FR用縦置き2.5L直列4気筒アトキンソンサイクルエンジンと、高トルクモーターを組み合わせた新開発ハイブリッドシステムを搭載。JC08モード走行燃費はクラストップレベルの23.2km/Lを達成したほか、ハイブリッドバッテリーの配置最適化により、クラストップレベルの室内・荷室空間を実現している。