イベントに出席した岩城滉一と水沢アリー

写真拡大

俳優の岩城滉一とタレントの水沢アリーが5月16日、コリン・ファースとキャメロン・ディアスが初共演するコメディ「モネ・ゲーム」の公開記念イベントに出席した。“第2のローラ”と呼ばれ大ブレイク中の水沢は、初対面の岩城を「いつもブラウン管で見ていたけど本物もとっても素敵。身ぐるみ剥がしても格好いい!」と独特の言い回しで称賛。さらに、来年民間宇宙飛行に挑戦する岩城に「宇宙に持っていってね」と自慢の絵をプレゼントし、さすがの岩城もタジタジだった。

ジョエル&イーサン・コーエン兄弟が脚本を手がけたクライムコメディ。真面目な鑑定士ハリー(ファース)と天然のカウガール(ディアス)が手を組み、億万長者シャバンダー(アラン・リックマン)をカモに、印象派の巨匠モネの名画「積みわら」の贋作を利用した壮大な詐欺計画を企む。

最近は映画鑑賞が趣味だという岩城は、「『泥棒貴族』『華麗なる賭け』みたいな感じだけど、また違う視線から描いていて面白かった。緊張しないでリラックスして見られる」とお気に入りの様子。ディアスをイメージしたウエスタン風の衣装で登場した水沢も、「キャストがとっても豪華だし、キャラクターも個性豊か。格好良さと面白さがきゅって1つになったおもちゃ箱みたいな映画!」とアピールした。

そんな2人が高級英国紅茶と普通の紅茶の飲み比べに挑み、水沢が岩城を鑑定力で上回るという番狂わせも。さらに水沢は、もしも映画のような大金を手にしたら「まず固定資産税を払って、家を改築して、株とかFXやって、あとは貯蓄かな。このご時世、何が起こるか分からないからね」と意外にも現実的。岩城は、「バービーちゃんみたい」と笑ったが、水沢が「私は男性として見られるよ〜」とけろりと話すと大照れだった。水沢のペースに終始困惑気味の岩城だったが、「言葉数は(ローラより)上。すごく賢い子だなと思う。どんどん活躍していってね」とエールをおくり、水沢も「売れるように頑張る〜!」と大喜びだった。

また、岩城は先日亡くなった俳優の夏八木勲さんについて聞かれると、「本当に残念。いわゆるキレイな二枚目じゃなかったけど、男として味があって大好きだった」と故人を偲んだ。

「モネ・ゲーム」は5月17日から公開。

■関連記事
【予告編】「モネ・ゲーム」
キャメロン・ディアス、女優人生の信念明かす「感謝の姿勢を常に忘れない」
石田純一のモノマネタレント、仕事の需要増えるも母から「もっと研究しろ」
生田斗真主演「土竜の唄」に個性派結集!堤真一、仲里依紗、山田孝之ら大暴れ
ローラ、バレンタインを前に「手作りチョコ40個を用意」