夏菜 小悪魔な役に挑戦、セクシーシーンにも自信

写真拡大

5月15日、都内で映画『監禁探偵』の完成披露試写会が行われ、主演の夏菜(23)らが出席した。

同作の撮影がNHK朝の連続テレビ小説『純と愛』と重なり、超ハードスケジュールだったという夏菜は、「睡眠時間も2、3時間眠れるか眠れないかという感じ。リアル監禁でした。もういっぱいいっぱいで終わったらすぐに朝ドラに向かっていました。疲れましたね」と苦労を振り返った。

役どころについては「手のひらの上で相手を転がすような小悪魔的な女の子ですね。男の人が好きそうな仕草を取り入れることを意識しました」と笑顔で話した。

劇中ではシャワーシーンや、下着姿などセクシーなシーンにも挑戦している夏菜は、「(セクシーシーンは)頑張りました。ちょっとエロいけど、いやらしすぎないように心がけました。女性がみても、健康的だなと思ってくれたら嬉しいです」と自信をのぞかせた。

(撮影/柴田 悟)