福岡パルコが隣地に新館、2館体制に

写真拡大

 パルコが、今年3月に学校法人都築学園から取得した「福岡パルコ」の隣地に新館を建設する。これに伴い既存の「福岡パルコ」と「新館(仮称)」の2館体制で運営する方針を決定。隣地の早期活用を視野に商業施設として建て替えを行い、開業は2014年秋が計画されている。

福岡パルコ、2館体制にの画像を拡大

 パルコの重要店舗の一つとして2010年3月にオープンした福岡パルコは、九州屈指の商業中心地である天神エリアに位置し、約150のテナントが入居する。「新館(仮称)」は地下3階から地上6階までの9フロア構成で、地下部分は既存の建物を活用。地上部分は建て替えを行い、延床面積約14,000平方メートルの店舗空間を設ける。延床面積は、2館合わせるとこれまでの約1.6倍となる約38,000平方メートルになる予定。今後はストアオペレーション部に設置した「福岡新館プロジェクト」を軸に、福岡店と連動して開業に向けた準備を進めていくという。

■福岡パルコ
 http://fukuoka.parco.jp/