シャキーラが「ザ・ヴォイス」降板 (c)Hollywood News

写真拡大

歌手のシャキーラが、オーディション番組「ザ・ヴォイス」の審査員を降板すると発表した。

今年1月にFCバルセロナ所属のサッカー選手ジェラール・ピケとの間に第1子となる男の子ミラン君を出産したシャキーラは、ゴシップ誌「Usウィークリー」に、「私は次のシーズンには戻らないわ。なぜなら、私は母親業と、スタジオに戻らなくてはいけないから。レコーディングスタジオでアルバムを完成させなくてはいけないの」と明かした。

さらに続けて、「だから、休まなくてはいけないの。でも、分からないわよ。また、帰ってくるかもしれないわ!」と話している。また、シャキーラと一緒にシーズン4から同番組に参加した歌手のアッシャーも降板すると言われており、シーズン1からシーズン3まで審査員を務めていた歌手のクリスティーナ・アギレラとシーロー・グリーンが同番組に帰ってくると噂されている。その噂に対して、同番組の司会を務めるカーソン・デイリーは「分からないよ。でも、正直に言うけど、彼らは契約しようとしていると思うね。まだ、完全に成立したわけではないと思うよ」とコメントした。

シャキーラは降板を決めてしまったが、子育てが落ち着いたらまた戻ってくることが期待できそうだ。【馬場 かんな】