1984年の大ヒット作「グレムリン」の一場面写真:Album/アフロ

写真拡大

米ワーナー・ブラザースが、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮、ジョー・ダンテ監督による1984年の大ヒット作「グレムリン」のリメイク企画を進めている。

米Bloody Disgustingによれば、「リンカーン 秘密の書」「ダーク・シャドウ」のほか、「ビートルジュース」続編の草稿を手がけた人気脚本家・小説家のセス・グラハム=スミスが、デビッド・カッツェンバーグ(ドリームワークス・アニメーションCEOジェフリー・カッツェンバーグの息子)とともにプロデュースを務めるという。

「グレムリン」は、父親から少年に珍獣モグワイが贈られるが、3つの飼育条件を守らなかったことから、狂暴な怪物グレムリンに変身して大暴れするというSFブラックコメディ。90年には、第1作のスタッフとキャストが再結集し、続編「グレムリン2 新種誕生」が製作された。「グレムリン3」についても、数年前から製作の可能性が伝えられていたが、ワーナーは続編ではなくリメイクする方針に転換したようだ。なお、リメイク版の監督についてはまだ明らかになっていない。

■関連記事
ワーナーが「グレムリン3」製作を始動?
リリー・コリンズ主演で「高慢と偏見とゾンビ」が再始動
ティム・バートン、「ビートルジュース」続編監督に前向き?
米業界誌選出「ハリウッドで影響力のある作家25人」
リブート版「ファンタスティック・フォー」に脚本家セス・グレアム=スミス