カンヌ入りが決定した松嶋菜々子(C)木内一裕/講談社 (C)2013映画「藁の楯」製作委員会

写真拡大

第66回カンヌ映画祭コンペティション部門へ出品される「藁の楯 わらのたて」に主演の大沢たかお、松嶋菜々子、メガホンをとった三池崇史監督が、公式上映が行われる現地時間5月20日(日本時間21日)にレッドカーペットで顔をそろえることが決定した。

三池監督にとっては、市川海老蔵主演「一命」に続き2度目のコンペティション部門選出。昨年、「愛と誠」のミッドナイト・スクリーニングがスケジュールの都合で参加できなかったため、2年ぶりの現地入りとなる。

20日の午前11時(日本時間20日午後6時)に行われる公式会見は、大沢と三池監督のふたりが参加予定。その後、同日午後10時10分(日本時間21日午前5時10分)のレッドカーペット、公式上映には松嶋も加わり、3人で“映画の祭典”の雰囲気を共有することになる。

第66回カンヌ映画祭は、26日まで。

■関連記事
【インタビュー】大沢たかお&松嶋菜々子、あうんの呼吸で絶妙な距離感を体現した「藁の楯」
三池崇史監督、いざカンヌへ! 泰然自若の構え
カンヌ選出の「藁の楯」の凶悪犯・藤原竜也は「演技じゃなくて素」と三池崇史監督が暴露
大沢たかおら「藁の楯」一同、カンヌ映画祭出品に“カンヌ”無量
福山雅治主演「そして父になる」&三池監督「藁の楯」カンヌ映画祭コンペ部門に選出!