ファンから続々と励ましのメッセージが寄せられているGACKT
 - 画像は2012年撮影のもの

写真拡大

 一部週刊誌で女性への暴行が報じられた歌手のGACKTに、ファンから励ましのメッセージが寄せられている。

 GACKTは15日付のブログで報道を完全否定。それだけでなく「ホント良い迷惑だ。被害者はこっちだよ!!!」と怒りをあらわにしていた。また、それに先立つ14日には、オフィシャルサイトに「『FLASH』発売元の光文社に対して、名誉毀損で提訴する準備を含めて進めております」と報道についての声明文を掲載し、法的措置を検討していることを発表していた。

 そんなGACKTの元には、「DEARS」と呼ばれるファンからの励ましが続々。ブログのコメント欄に「有名税というには酷すぎます!」「信じて応援しています」といった書き込みがあれば、3月から更新されていないツイッターにも15日のブログ更新直後から「あんな報道に負けないでください」「GACKTさんの言葉を信じています」など100件を超えるメッセージが寄せられた。

 また、GACKTは今回の報道が原因となってテレビ番組出演が取り消されたことも明かしており、これに対して「納得できません」という声を上げているファンもいるなど、一連の騒動はまだまだ鎮火しそうにない様子だ。(編集部・福田麗)