会社勤め VS 独立 あなたならどっちを選ぶ!?

写真拡大

しがらみが多く、マンネリ化してしまいがちな会社勤め。こんなんで人生終わっていいのかと嘆くことも多いものですが、フリーランスはフリーランスで嘆きも多いもの。どちらが自分に向いているのかを悩んだりすることもあるでしょう。

今回は、それぞれのメリットとデメリットを確認してみました。

■フリーランスのメリット

フリーランスのメリットは、何と言っても時間、場所、働き方に融通が利くということ。深夜に仕事しても、早朝に仕事しても、昼間に散歩に行くのも自由。ほかにも、オフィスを設けるのも、自宅で仕事するのも自由ですし、更にひとつの道を究めるのも、複数の職種をかけもちするのも自由です。

また、職場内の人間関係に振り回されないのも、フリーランスのメリットです。上司から命令されることもありません。気に入らない人と仕事するかどうかの選択権も、自分にあります。また異動がないため、突然地方に飛ばされることもなく、自分中心の生活を組み立てることができます。

■フリーランスのデメリット

デメリットとして挙げられるのは、収入を自分で確保すること・管理することの難しさでしょう。新規顧客を確保する営業、税金申告するための経理、仕事に必要な事務作業、そして自分の能力を生かしたお仕事と、すべてを自分でやらなくてはなりません。

単純に考えてもサラリーマンの4倍以上の業務負担があります。また収入が不安定になりやすいことの他、クレジットカードの契約や住宅ローン審査が通りにくいことがあります。また仕事でトラブルを抱えたときは、自分一人の肩にすべての責任がのしかかります。

■会社勤めのメリット

会社勤めのメリットは、やはり収入が安定していること。給料アップは難しくても、突然ぐんと下がったりすることはありません。また労働基準法で守ってもらえることは、とても重要です。更に大きいのは厚生年金に入れることや、雇用保険に入れること、有休がもらえることです。

退職金やボーナスもあります。更に税金関係の申告も会社がやってくれます。トラブルが起きても、職場の仲間でフォローし合えますし、相談相手にも事欠きません。業務内に必要なスキルは無料で教育してもらえますし、場合によっては別途手当をもらいながらスキルアップをはかれる場合もあります。

■会社勤めのデメリット

会社勤めは人間関係の悩みが多いことが、やはり大きなデメリット。特に悩むことが多いのが、業務に関係のないところでの人間関係トラブル。相性の良くない社員同士でチームを組まなくてはいけない、尊敬できない上司にこびなければならないときに、サラリーマンの悲哀を感じる人も多くいます。

また通勤時間が各社共通なこともあり、通勤ラッシュの満員電車も悩みのひとつ。他には仕事への評価基準があやふやで、がんばっても報われないむなしさを感じる人もいます。また自分の腕でお金を稼ぐ経験をしないことで、定年退職後の生活に不安を覚えることも多くなります。

どちらがどういいかは、人それぞれ。それぞれにあるメリットとデメリットを理解し、長く続けられる方法を選ぶのがよいでしょう。