神奈川県横浜でサーフィンがテーマ「GREENROOM FESTIVAL」。ビーチフードも

写真拡大

GREENROOM FESTIVAL実行委員会は5月18日・19日の2日間、赤レンガ地区野外特設会場(神奈川県横浜市)にて「GREENROOM FESTIVAL '13」を開催する。

同イベントはサーフィンをテーマに、音楽・映像・写真・アートなどをコラボレーションさせたフェスティバル。

イベント期間中は野外特設会場でアーティストによるライブが行われる。イベント広場には、実際に登れるツリーハウスやキャンドルデコレーションを設置。今年は子供のためのスペース「キッズエリア」も拡大する。また、国内外アーティストによる海を感じるアートギャラリーの開催や、フィルムフェスティバルも実施。

ライブを行うアーティストは、18日はSOIL&”PIMP”SESSIONS、toe、BLKTOP PROJECT、奥田民生、The Brand New Heavies、MIYAVI、七尾旅人、MEIKO、、DJ usus(from RIP SLYME)、DJ Fumiya(from RIP SLYME)ら。19日はDef Tech、松崎しげる、レキシ、VINTAGE TROUBLE、Caravan、GOMA meets U-zhaan、Rickie-G、BLUE KING BROWN、福原美穂らが出演する。

フィルムフェスティバルでは、サーフムービーやゴミ問題を考える環境映画など様々なフイルムを公開。「フラッシュバックメモリーズ」や「BONES BRIGADE」では舞台挨拶も行われる。

会場にはアルコールを始めドリンクを販売するオフィシャルバーや、様々なビーチフードを楽しめるフードコードも設置。また、ヨガワークショップのスペースも設けており、自由に参加できる。

会場は横浜赤レンガ地区の野外特設会場、赤レンガ倉庫1号館。開催時間は13時〜21時(開場12時)。チケットは1日券9,000円、2日通し券1万6,000円。詳細は、GREENROOM FESTIVAL公式サイトで案内している。