地球環境保護活動に熱心なレオナルド・ディカプリオ

写真拡大

地球環境保護の活動に熱心なレオナルド・ディカプリオが、米ニューヨークのオークションハウス「クリスティーズ」と組んでチャリティオークションを開催。予想の倍以上となる3880万ドル(約40億円)を集めた。

5月13日に行われた「11th Hour」オークションには、ジュリアン・シュナーベル、バンクシー、ロバート・ロンゴ、エリザベス・ペイトン、村上隆ら現代美術家の作品33点が出品された。

米ハリウッド・レポーターによれば、オークションにはディカプリオと親しいトビー・マグワイア、ブラッドリー・クーパー、マーク・ラファロ、サルマ・ハエックも出席。なかでもマグワイアは、セルゲイ・イェンセンの作品「Untitled(無題)」を26万2500ドルで落札し、売り上げに貢献したという。

今回のチャリティの売上金は、レオナルド・ディカプリオ財団を通じて各種環境保護プロジェクトに寄付される。

■関連記事
ディカプリオ、H・ジャックマンに続きチャリティコーヒー発売
L・ディカプリオ主演「華麗なるギャツビー」特別映像で暴かれる素顔
レオナルド・ディカプリオ&トム・ハンクス、ゴルバチョフのテレビ映画を製作
来日したレオナルド・ディカプリオ“休業”をキッパリ否定「大げさに報じられただけ」
ディカプリオ&マグワイア&ハーディ、動物密売を描く新作を共同プロデュース