向後の7日株:中期上昇トレンド発生!車両情報システムプロバイダーを目指す出遅れカーエレ株!(679X)
7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

クラリオン(6796)が今日の注目銘柄!

「車両情報システムプロバイダー」を目指す、同社に注目します。5月10日、Googleとの間で、音声認識「Google 音声検索」(グーグル 音声検索)および検索技術「Google Places」(グーグル プレイス)の活用に関する契約を締結したと発表しました。これが評価材料です。

同社は、自動車向けクラウド情報ネットワークサービス『Smart Access』(スマート アクセス)において、Google音声検索およびGoogle Placesを活用した最先端のクラウドサービスを、車載情報機器向けに提供開始します。

例えばドライバーがカーナビに「お腹がすいた」と話しかければ、クラウド上のグーグルの音声認識で内容を識別し、グーグルの検索技術で情報を集め、カーナビに返送するということです。新サービスだと省略語などの認識能力も高く、開店したばかりの施設や店舗の情報を入手できるようです。

ところで、14年3月期通期連結売上高は1930億円(前期比8.9%増)、営業利益は37億円(同15.2%増)、経常利益は30億円(同9.8%減)、当期純利益は14億円(同3.0%増)、1株当たり当期純利益は4.97円の見通しです。主要顧客の大型プログラム商権の端境期でもあり、非常に厳しい環境が予想される状況下、同社は緊急プロジェクトの立ち上げにより、開発効率化などによる固定費の抑止に加え、材料費等の変動費低減にも継続して取り組み、収益の確保を目指します。
なお、為替レートについては、1米ドル90円、1ユーロ115円を前提としています。

株価(15日終値149円)は24ヶ月移動平均線(15日現在150円)の攻防中ですが、これをブレイクできれば長期上昇トレンド発生の重要なサインとみています。また、月足ベースの一目均衡表の雲上限(同176円)を上抜けることができれば、長期の株式需給が改善し、上昇ピッチが加速することでしょう。現在の株価は長期的観点では、「出遅れ感」が顕著とみています。

ただし、株価は既に13週移動平均線(同130円)、26週移動平均線(同136円)を上回っており、中期の上昇トレンドが発生しつつあるとも認識しています。近い将来の13週移動平均線と26週移動平均線との「ゴールデン・クロス」の実現を想定しています。

向後はるみ(HARUMI KOUGO)
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。