「楽しいっ」が増える! ウォーキングによる効果が判明

写真拡大 (全2枚)


さわやかな季節になり、なんだか活動的な気分になってきました。

運動不足解消のために、ウォーキングを始めてみようと調べてみたら、驚きの事実を発見! それは「ウォーキングで心が豊かになり、脳も活性化する」というのです。


「楽しい!」が増えるウォーキング

京都大学大学院森谷敏夫教授は、心の健康と運動にはとても密接な関係があると いいます。ある実験では、早足で20分のウォーキングを週に3回程度継続している女性は、これより少ない女性よりもうつ病の発症率が30%も低く、精神健康度が40%も高かった、という結果が出ているそう。(WACOL BODY BOOKより)

これはウォーキングによって脳の視床下部が刺激され「楽しい!」と感じる快感を起こすドーパミンがたくさん出るからだとか。さらにドーパミンを元に、気分の高揚感や幸せ感が得られるβエンドルフィンも出て、これはがん細胞を抑制するNK細胞の活性を30%以上も上げると言われています。身体だけじゃなく脳にも心にも効果があるなんて驚き! これなら、モヤモヤしてしまったときでも、すぐに解消できそうです。


少し長い距離や、早足にするとより効果的

また、ドーパミンが出ている人は、創造的な発想も感情も豊かになるので、アイディアに詰まったときは気分転換にウォーキングをするといいかも。ドーパミンは、がんばったときや、やりがいを感じたときに出るため、少し長い距離に挑戦したり、早足にするともっと効果的。

他にも、認知症や記憶力の低下を予防したり、学習能力をキープするなど、知ら れざる効果がいっぱいのウォーキング。歩行スピードが早い人ほど生存率が高いというデータ(The Journal of the American Medical Association 2011より)も出ています。

歩いているときは、安静時の3倍ものエネルギーを使うためダイエット効果も抜群。我慢してストレスを溜める食事制限よりも、ハッピーな気分で健康になれるウォーキングの方が断然うれしいですよね。今日からさっそく、ウォーキングで心のモヤモヤと運動不足を解消します。

[News2u.net,WACOL BODY BOOK]

photo by Thinkstock/Getty Images

(松浦松子)