リクルートジョブズが同社の求人メディアに掲載された求人情報からまとめた4月の派遣スタッフ募集時平均時給調査(速報)によると、三大都市圏(関東・東海・関西)の平均時給が2カ月連続で減少したことが分かった。医療介護・教育系職種の時給は12年1月以来の増加となった。

 三大都市圏の平均時給は前年同月比0.5%減の1470円となった。7カ月ぶりに前年同月を下回った3月に続いての減少となった。

 職種別に前年同月と比べると、オフィスワーク系1437円(0.8%増)、医療介護・教育系1449円(0.6%増)、クリエイティブ系1592円(0.3%増)は増加。医療介護・教育系の時給が前年同月を上回ったのは12年1月以来。

 一方、IT・技術系1815円(1.6%減)、営業・販売・サービス系1324円(0.7%減)は、ともに4カ月連続の減少となっている。

 地域別に前年同月と比べると、関東1537円(0.6%減)、東海1299円(0.7%減)、関西1323円(0.2%減)の全てで減少となった。

改正派遣法が施行 難しい運用で問われる実効性
改正労働契約法 5年で無期雇用へ転換〜契約更新等の実務上の留意点
人材採用の専門誌が評価する「人材コンサルティング会社」

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の人事専門誌です。