世代を代表する女優陣が勢ぞろいする「くじけないで」

写真拡大

女優の八千草薫が58年ぶりに主演する映画「くじけないで」(深川栄洋監督)に、伊藤蘭、檀れい、芦田愛菜ちゃん、鈴木瑞穂、上地雄輔、ピエール瀧が出演していることがわかった。

カルミネ・ガローネ監督が手がけた日伊合作「蝶々夫人」(1955)以来となる八千草の主演作は、昨年死去した「101歳の詩人」こと故柴田トヨさんの半生を、詩に込められた思いとともに描く。77〜92歳のトヨさんを八千草が演じるほか、息子の健一に武田鉄矢が扮することは発表済みだ。

今回、豪華な女優陣の名が一斉に明かされたが、伊藤は健一(武田)を献身的に支える妻・静子に息吹を注ぎ込む。また、檀と愛菜ちゃんは若かりし頃のトヨさんに。八千草を含め、3世代を代表する女優が、3つの時代のトヨさんを演じることに大きな注目が集まる。

さらに、鈴木はトヨさんの夫・柴田貞吉、上地は上条医師、ピエールはトヨさんと心を通わせる登校拒否児の父親に扮する。

「くじけないで」は、11月に全国で公開予定。

■関連記事
八千草薫、58年ぶり映画主演!「くじけないで」で武田鉄矢と親子に
八千草薫、舞台降壇時に転倒も「大丈夫です」
笑福亭鶴瓶、倍賞千恵子、武田鉄矢がナレーション 「東京家族」特別CMが完成
故・高峰秀子さんの米寿に、香川京子や八千草薫ら400人が献花
武田鉄矢、「金八先生」セリフ引用し支援訴え