「黒執事」でメイド役に挑戦した山本美月(c)2014 枢やな/スクウェアエニックス(c)2014 映画「黒執事」製作委員会

写真拡大

若手女優の山本美月が、水嶋ヒロが3年ぶりに俳優復帰を果たす映画「黒執事」に出演していることがわかった。山本は、剛力彩芽演じる幻蜂汐璃に続き、原作を下敷きにしたオリジナルキャラクターのメイド・リンを熱演。ガンアクションなど、初となるアクションシーンにも体当たりで挑んでいる。

山本は、ファッション誌「CanCam」のモデルとして人気を集め、昨年公開された映画「桐島、部活やめるってよ」で演じた桐島の彼女役で注目を浴び、ブレイクが期待されている。本作では、「桐島」で見せたクールな女子高生から一変、セバスチャン(水嶋)とともに幻蜂汐璃(剛力)に仕えるドジなメイドになりきった。あわせて公開されたビジュアルでは、初のメイド服に身を包み、ツインテールと赤縁メガネという“萌え”要素満載のメイド姿を披露している。

今回の起用は、「フォトジェニックでいながらキュートな個性の山本美月さん。原作世界から抜け出してきたかのようなその存在感が、今回の実写版『黒執事』に確実に一層の息吹きを入れてくれる」という製作側の思いから決定。山本自身、原作のファンだったそうで「演じるリンは、いつも一生懸命で純粋で忠誠心がとても強く、みんなのことが本当に大好きな子。いつも一生懸命なところは少し自分と似ているのかな」とラブコールに応えた。アクションシーンに挑戦するにあたり、撮影の2カ月前から練習を重ね「最初は後ろ回りも出来ず不安でした。しかし、アクション部のみなさんに“楽しむところは楽しむ! 真剣な時は真剣に!”と教えていただき、頑張って乗り切ることができました」と全力投球した。

本作は、「NANA」シリーズの大谷健太郎監督と、テレビアニメ「TIGER&BUNNY」のさとうけいいち監督が共同でメガホンをとっている。ともに山本のキュートなメイド姿はもちろん、「メイドのリン役を演じる喜びに満ちあふれていて、ピュアな魅力が素晴らしかった」(大谷監督)、「作品に対する熱い熱い思いは、山本さんの大きく真すぐな瞳からヒシヒシと感じとることができました」(さとう監督)と演技を絶賛している。

大谷監督は、山本が初挑戦したアクションシーンを「圧巻の一言」だと振り返り、「美月さんの戦う姿は美しく、抜群にかわいい。女性にこそ見てほしい女性のアクションシーンというのは、今まで日本映画にはなかった」と舌を巻いた。さとう監督も「ここだけの話、撮影前そのスレンダーな彼女の容姿に体力的な不安を感じたのは事実です(ごめんなさい)。ですが山本さんは、ファンの期待を裏切ることのないようにと2カ月に渡るハードなアクション練習を重ねファンの期待に応えてくれております!」と太鼓判を押し、「特に我々を驚かせたのは、アクション以上に劇中で変化する彼女の表情です。女優としての可能性を感じました」と今後の活躍にも期待を寄せている。

「黒執事」は、2014年春に全国で公開。

■関連記事
【関連写真】「黒執事」で俳優復帰を果たす水嶋ヒロと演じる悪魔の執事セバスチャン
剛力彩芽「黒執事」で男装の少女に!水嶋ヒロの“主人”役
水嶋ヒロ「黒執事」映画化に主演で3年ぶり俳優復帰!
【人物紹介】山本美月
「桐島」でブレイク必至の山本美月、女優として決意新た