おっちょこちょいだがキュートなメイド役の山本美月/[C]2014 枢やな/スクウェアエニックス [C]2014 映画「黒執事」製作委員会

写真拡大

累計発行部数は1500万部を突破し、テレビアニメや舞台にもなった枢やなの人気コミックを、完全オリジナルストーリーで実写映画化する『黒執事』。2014年新春に公開される本作は、主人公の執事セバスチャンに水嶋ヒロ、彼と契約を交わす主人の幻蜂汐璃(げんぽうしおり)に剛力彩芽がキャスティングされたことが既に発表されているが、この度、新たにメイドのリン役をCanCamの人気モデルであり注目の若手女優・山本美月が演じることが明らかになった。

【写真を見る】原作者の枢やなはセバスチャンを水嶋ヒロが演じるということで映画化権を許諾した

原作は19世紀後半の英国が舞台だが、本作は原作者の承認を得て大きくアレンジされている。西洋と東洋の文化が入り乱れた2020年のアジアの都市で、男装の少女・汐璃が、知識・教養・品位・料理・武術・容姿、全てにおいて完璧な悪魔の執事セバスチャンと世界を巻き込む怪事件を追うという筋立てだ。

リンはセバスチャンと同じく幻蜂家に仕える眼鏡っ娘のメイドで、汐璃同様に映画オリジナルのキャラクターだ。一生懸命、主人の汐璃の役に立とうとする、ドジでおっちょこちょいな役どころで、リンをいつも助けるセバスチャンの超人的な動きも映画の見どころの一つとなっている。演じる山本は、2012年に公開された『桐島、部活やめるってよ』で桐島の彼女役として注目を集め、2013年もこの先、複数本の映画出演が決まっている、ブレイク寸前の一人。先日、テレビのバラエティ番組に出演した際には、漫画やフィギュアがひしめく自宅の部屋を公開し、クールなルックスに似合わぬオタクぶりを見せていた。原作も以前から大ファンだったそうで、本作では眼鏡とメイド服をばっちり着こなしている。撮影の2ヶ月前からはアクション練習に入り、アクションシーンにも初挑戦した。

監督の大谷健太郎は「まるで少女漫画から飛び出して来たかのような美月さんのキュートなルックスとスタイル、その長い脚は、映画『黒執事』の見どころの一つと言っても過言ではありません。そして、彼女が全力で取り組んだアクションシーンは、圧巻の一言です」と語る。大谷監督と共同で監督を務めているさとうけいいちも、「とにかく格好良いですよ!」と絶賛し、「特に我々を驚かせたのはアクション以上に劇中で変化する彼女の表情です。女優としての可能性を感じました」とコメントしている。

山本は「最初は後ろ回りもできず不安でした。しかし、アクション部の皆さんに“楽しむところは楽しむ!真剣な時は真剣に!”と教えていただき、頑張って乗り切ることができました。この作品を見た皆さんに、『リン格好良い!』と思っていただけたら嬉しいです」と意気込んでいる。男女問わず、萌えること間違いなしの、彼女の戦うメイド姿に期待大だ。【Movie Walker】