「JIMMY CHOO(ジミー チュウ)」が、2013-14年秋冬の広告キャンペーンに女優のNicole Kidman(ニコール・キッドマン)を起用した。同シーズンは、クリエイティブ・ディレクターSandra Choi(サンドラ・チョイ)が単独で同職を務める初めてのコレクションとなる。

ジミーチュウ、13年秋冬広告にニコール・キッドマン起用の画像を拡大

 「JIMMY CHOO」の2013-14年秋冬広告は、ブランドの世界観に通じる女性としてNicole Kidmanをモデルに起用。スウェーデン出身のフォトグラファーMikael Jansson(ミカエル・ヤンソン)が4月に撮り下ろしたというNicole Kidmanのビジュアルについて、Sandra Choiは「挑発的な表情、強さ、セクシーさ、またエレガンスまでをも兼ね備えた、非常に洗練された雰囲気が魅力です」とコメントを発表。日本では7月下旬に展開をスタートする。

 3度のゴールデングローブ賞受賞をはじめ、英国アカデミー賞(BAFTA)やアカデミー賞といった華やかな受賞歴のあるNicole Kidmanは、5月15日から26日まで開催されるカンヌ映画祭でコンペティション部門の審査員を担当。グレース・ケリーの伝記を題材にした映画「Grace of Monaco」の公開も控えるなど、活躍の幅を広げている。