韓国発SPAブランド「スパオ」1号店 ららぽーと横浜に7月オープン

写真拡大

 韓国のアパレル企業大手E-LAND(イーランド)が展開するカジュアルブランド「SPAO(スパオ)」の日本1号店が、7月12日に「三井ショッピングパーク ららぽーと横浜」にオープンする。同社はセブン&アイ・ホールディングスと提携して、今年3月に日本進出。女性向けSPAブランド「MIXXO(ミッソ)」をそごう横浜に出店している。

韓国「スパオ」上陸の画像を拡大

 「SPAO」はE-LANDが2009年に初めて立ち上げたSPAブランドで、韓国国内に44店舗を展開。「MIXXO」が20代から30代までをターゲットにしているのに対して「SPAO」は10代から50代までと幅広い年齢層に対応しており、アイテムはTシャツやデニムからアクセサリーなどのファッション雑貨、そしてスーツも含めたフルラインを販売している。

 「SPAO」がオープンする「三井ショッピングパーク ららぽーと横浜」では2月から順次、全279店舗のうち約半数に相当する133店舗が新規出店やリニューアルを実施。シンガポール発の雑貨ファストファッションブランド「CHARLES & KEITH(チャールズ & キース)」やライフスタイル雑貨業態「ZARA HOME(ザラホーム)」の日本1号店が入店している。