東京都・靖国神社から横浜へ! クラッシックカー83台が走る「RALLY NIPPON」

写真拡大

一般財団法人ラリーニッポンは25日・26日、本年5回目を迎えるクラッシックカー ラリーイベント「RALLY NIPPON 2013 in Y154」を開催する。

2009年に第1回大会を開催した同イベントは、日本中に点在する世界遺産や文化遺産を、人間の生み出した芸術遺産ともいえるクラシックカーでつないでゆく、ユニークなラリーイベント。クラッシックカーをアイコンに、日本の歴史・文化を再発見・再認識し、日本の美しさを世界に発信することを目的としており、2011年度より観光庁の後援を受けて実施されている。

5年目を迎える今年は、初の2日間型ラリーイベントとなり、横浜セントラルタウンフェスティバル「Y154」の一環として、開港以来さまざまな歴史や文化を積み重ねてきた横浜という街を中心に開催される。また、今年11月末に開催を予定している「RALLY NIPPON2013 in 台湾」のプレイベントとしても位置付けられているという。

開催日程は5月25日〜26日の計2日間。参加台数は83台。東京都・靖国神社をスタートし、横浜・山下埠頭でゴールを迎える。

通過経路は、DAY 1が、靖国神社 > 東京駅 > 銀座 > 台場 > ゲートブリッジ >首都高速湾岸線 > 白金 > 目黒通り > 第三京浜 > 総持寺 >山内埠頭 > 馬車道 > 山下公園 > 山下埠頭。DAY 2は、山下埠頭 > 山手 > 横浜横須賀道路 > 逗葉新道 >長者ヶ崎 > 湘南国際村 > 湘南佐島なぎさの丘 >シーボニア > うらり(三崎) > 三浦海岸 > 久里浜 >浦賀 > 観音崎 > 横浜市役所 > 山下埠頭。

その他、詳細は同財団公式ページにて確認できる。