『東京モーターショー2013』が11月に開催 - 新企画プレビューナイトも実施

写真拡大

日本自動車工業会(JAMA)は、第43回『東京モーターショー2013』を東京ビッグサイトにて11月22日から12月1日の日程(一般公開は11月23日から)で開催すると発表した。

今回は、2011年に引き続いて東京ビッグサイトの全ホールを使用し、「世界にまだない未来を競え。」”Compete! And shape a new future.”をテーマに、乗用車、商用車、二輪車、カロッツェリア、車体、部品・機械器具関連製品、自動車関連サービスを含む総合ショーとして開催。参加する企業・団体は、国内の全メーカー14社・15ブランドと、海外では6年振りに出展するボルボを含めた18ブランド(乗用車・商用車)となる。

プレスデーの前には、国内外のプレス関係者を対象とした「メディアイベント」を、開催直前から会期中にかけては、東京モーターショーやお台場エリアの来訪者が楽しめるという、お台場エリア全体を盛り上げる企画も実施予定。また、前回に引き続き主催者企画として『SMART MOBILITY CITY 2013』も開催。2回目となる今回も「CEATEC JAPAN 2013」「ITS世界会議東京2013」と連携し、「次世代自動車とそれらを取り巻く社会システム」を提示するとのこと。

さらに、今回の新規企画として、特別招待日(11月22日 17:30〜20:00)に「プレビューナイト」を実施する。入場者を1万人(予定)に限定した、東京モーターショーをゆったりと見ることができる企画となる。入場券の販売時期・方法はオフィシャルWebサイトにて7月頃に発表する。