ファミマ、50歳以上ターゲットのビール「アサヒ ビタープレミアム」発売

写真拡大

ファミリーマートは6月11日、アサヒビールと共同開発したプレミアムビール「アサヒ ビタープレミアム」を、日本および台湾の酒類取扱いのファミリーマート店舗約12,000店(日本:約9,200店、台湾:約2,800店)限定にて発売する。台湾は6月19日の発売となる。

同商品は、ビールに対して「本格感」「品質」「くつろぎ」などを求める、50歳以上の”おとな世代”をターゲットに開発。華やかな香りと旨い苦みが特徴だという。

厳選した4種のホップを使用するなど原材料にこだわりながらも、通常のビールと同様の価格帯にすることで、より気軽に本格的なプレミアムビールを楽しめる。今回は、同社の海外初進出地域である台湾のファミリーマート店舗でも発売となる。価格は、350MLが217円。500MLは284円。

また、日本国内のファミリーマート店舗では、「2013年お中元ギフト」として、同商品と「アサヒ スーパードライ」を詰め合わせた「ビタープレミアム・スーパードライオリジナルセット」(4,500円)を、数量限定で販売する。受付期間は、5月14日〜8月12日。配達期間は、通常7日〜10日前後、8月2日以降は7日〜14日(6月20日以降順次発送)。