AKB作曲家の井上ヨシマサが楽曲提供 音楽座ミュージカル「21C:マドモアゼル モーツァルト」が8年ぶり公演

写真拡大

音楽座ミュージカル/Rカンパニー(代表:相川レイ子、本部:千代田区)が、2013年夏、「21C:マドモアゼル モーツァルト」を東京(池袋公演、町田公演)、大阪、愛知、広島で上演する。

過去の公演1

【関連:寺山修司未発表のミュージカル「青い種子は太陽のなかにある」】

同作品には、「Everyday、カチューシャ」や「Beginner」「UZA」など、AKB48の楽曲をもっとも多く作曲し、2012年には「真夏のSounds good !」で第54回 日本レコード大賞を受賞した井上ヨシマサ氏が楽曲提供している。

音楽座ミュージカルには、同じ原作で創作したもうひとつの「マドモアゼル・モーツァルト」(初演1994年)という作品があり、こちらの楽曲を手がけたのは、当時一世を風靡していた小室哲哉氏。
小室氏、井上氏、そしてモーツァルトと、当代一の作曲家が手掛けるオリジナルミュージカルとして注目が集まる。

「21C:マドモアゼル モーツァルト」は、モーツァルトが実は女性だったという、福山庸治氏の漫画を原作にしたオリジナルミュージカル。
完全なオリジナルナンバーのほかに、モーツァルトの名曲(「トルコ行進曲」「魔笛」「フィガロの結婚」など)をアレンジしたナンバーもふんだんに使われており、ミュージカルファン、クラシックファン、どちらも楽しめる作品。
2005年に初演し、第31回菊田一夫演劇賞を受賞するなど、高い評価を受けている。

―概要
東京公演:東京芸術劇場 プレイハウス 2013 年 6月14日〜23日 
大阪公演:シアターBRAVA!  2013 年 6月29日・30日
愛知公演:青少年文化センター アートピアホール  2013 年 7月6日・7日 
広島公演:上野学園ホール 2013 年 7月13日
ホームタウン公演:町田市民ホール  2013 年 7月20日・21日

過去の公演2過去の公演3