劇場公開が決定した「ニーナ ローマの夏休み」(C)2012 Magda Film, Paco Cinematografica

写真拡大

第25回東京国際映画祭でコンペティション部門に出品されたイタリア映画「ニーナ ローマの夏休み」が、今夏に東京・新宿シネマカリテで劇場公開されることが決定した。

舞台は、夏休みで閑散としているローマ。歌を教えたり、犬の世話のアルバイトをして過ごす孤独な女性が経験するひと夏の思い出を描く。「マイ・ブラザー」(2007)で注目を集めたディアーヌ・フレーリが、主人公ニーナを自然体で演じている。

メガホンをとった女流監督エリザ・フクサスは、ローマ近郊の街エウルで撮影を敢行。世界的建築家の父マッシミリアーノ・フクサスから受け継いだ独特の感性で、初長編作品ながら女性の複雑な心模様をファンタジックに映し出した。ポール・スミス、ロートルショーズ、ソニア・リキエルなど物語を彩るニーナのファッションにも注目したい。

「ニーナ ローマの夏休み」は、今夏に新宿シネマカリテで公開。

■関連記事
【作品情報】「ニーナ ローマの夏休み」
「美を追求した作品」長編デビュー作がコンペ入り「ニーナ」エリザ・フクサス監督に聞く
チリの女流監督が少女の視点で見つめた、崩壊する家族の姿とは
ニック・カサベテスが新境地を開いた「イエロー」主演女優が語る撮影秘話
ロック映画の名コンビがリアルを追求したモノクロ青春映画