第42回日本漫画家協会賞大賞は「静かなるドン」

写真拡大

社団法人日本漫画家協会(ちばてつや理事長・会員数約550名)は、5月10日、「第42回日本漫画家協会賞」受賞作品を発表した。

【関連:漫画「静かなるドン」連載開始から24年で完結】
 
コミック部門大賞を受賞したのは、新田たつおさんの「静かなるドン」(実業之日本社刊)。24年間連載された作品で、2012年12月発売の週刊漫画サンデー1月8日号に「静かなるドン」最終話が掲載され完結したばかり。最終巻となる単行本108巻は6月29日を予定している。
受賞理由は「バカバカしさと面白さ! これぞ、マンガエンタテインメントと言える。長年「週刊漫画サンデー」をささえ続けた作品を称えたい。」とのこと。

その他の受賞者はカーツーン部門が今回該当作品なし。優秀賞は松田洋子さんの「ママゴト」(エンターブレイン刊)、岡野雄一さんの「ペコロスの母に会いに行く」(西日本新聞社刊)の2作品。
特別賞は山本おさむさんの「今日もいい天気」(双葉社刊)、鉄拳さんの「振り子」(小学館刊)の2作品。
文部科学大臣賞は平田弘史さんの「全業績に対して」。

なお、今回の贈賞式は、6月21日(金)帝国ホテルで行われる。