紫のバラと一緒に! 高見沢俊彦

写真拡大

 THE ALFEEの高見沢俊彦が、累計5,000万部を突破した少女漫画の金字塔をギャグアニメ化した映画『ガラスの仮面ですが THE MOVIE 女スパイの恋! 紫のバラは危険な香り!?』で声優に初挑戦することがわかった。15日に都内スタジオで行われた同作のアフレコ記者会見で明かされた。

 北島マヤ、姫川亜弓、月影千草が国際的なスパイトリオ「紅の天女」にふんし、窃盗団によって盗まれた秘宝を取り戻す姿を描く本作。このたび原作をこよなく愛する高見沢が声優初挑戦を果たすこととなった。高見沢が演じるのは、マヤたちの敵役となる「完熊ジャパン・コーポレーション」2代目社長のティエリ・アル・テンセン。実業家としての顔を持つ一方、裏では最新秘密兵器を扱う悪の組織のボスという役柄だ。

 本作への参加について高見沢は「『ガラスの仮面』(への参加)だと思いますよね? それが『ガラスの仮面ですが』って!」とあぜんとした表情。また、もともと紫のバラが好きだといい、主人公のマヤを陰から支える足長おじさん的存在「紫のバラの人」こと、大都芸能株式会社の速水真澄役をやりたかったそうだが、別の悪役だったとボヤくことしきり。しかも皮肉なことに、アフレコスタジオには、その「紫のバラの人」から紫のバラが贈られる始末。とはいえ、実際に本編を観た感想を「とても面白かった」と語るなど、お気に入りの様子だった。

 声優初挑戦についても「俺でいいのかなと思いましたね。自分も音楽界でかなりキャリアを積んできましたけど、初めてやることってあるんだなと思いましたよ」としみじみ。さらに「声優デビューですか。初々しいですね。今さらながら、いい体験をさせてもらいました。別キャラになれるのは癖になりますね」とまんざらでもない様子。

 映画主題歌を書き下ろすことも決定しているが、「『ガラスの仮面』と聞いたからちゃんと書こうと思ったのに、結局『ガラスの仮面ですが』になったので、ギターソロをたくさん入れちゃいました」と最後までちゃかしてみせる高見沢だった。(取材・文:壬生智裕)

映画『ガラスの仮面ですが THE MOVIE 女スパイの恋! 紫のバラは危険な香り!?』は6月22日より全国公開