いずみ製菓のポテトスナック、事業廃止で販売終了へ 東豊製菓のポテトフライと間違える人も

写真拡大

「ポテトスナック」「ムギムギ」などのスナック菓子を製造・販売するいずみ製菓(愛知県安城市)は、6月30日(日)をもって菓子事業部を廃止すると発表しました。一方、東豊製菓のスナック菓子「ポテトフライ」がなくなると勘違いした人もいるようで、同社はサイトで「『ポテトフライ』は今後も継続販売致します」と宣言しています。

「ポテトフライ、販売終了と勘違い? 」の写真・リンク付きの記事

▽ 菓子事業部廃止のお知らせ (PDF)

▽ さよなら駄菓子の定番「ポテトスナック」 原材料高騰などで6月末販売終了 : J-CASTニュース

いずみ製菓の菓子事業部は、1949年の創業から営業を続けてきました。廃止の理由について、同社は「諸般の事情による」としています。これに伴い、同社敷地内にある直売店舗「煎餅屋」も、5月26日(日)の営業をもって閉店します。

ポテトスナックは1988年から、ムギムギは1973年から販売されていました。長く親しまれた商品の販売終了に、はてなブックマークのコメント欄には「残念だ…。安くて手ごろなサイズだから小腹が空いた時にぴったりだったのに…」「これでまた、一つの時代が終わった」「値上げしてもいいので、販売を続けてほしい」などの悲しみの声が集まっています。

東豊製菓は5月14日(火)、同社が製造・販売する「ポテトフライ」まで販売が終了するかのような情報が一部ネット上で流れているとして、うわさを否定。ポテトフライの販売を今後も継続すると発表しています。

▽ 東豊製菓株式会社[NEWS]

 

左:いずみ製菓のポテトスナック 右:東豊製菓のポテトフライ