西友、500g超の”デカうま”298円弁当に「特盛チキンカツ弁当」が登場

写真拡大

西友は16日、298円弁当”デカうま”シリーズの新メニュー「特盛チキンカツ弁当」を、全国の西友と惣菜専門店「若菜」計432店舗にて発売する。

西友では3月23日、20〜30代の男性をターゲットにした500g超の298円弁当“デカうま”シリーズより「ハンバーグ」と「唐揚」の2種類の弁当を発売した。今回は、その新メニューとして、「特盛チキンカツ弁当」の発売となる。

同商品は、ハンバーグや唐揚と並び、男性に人気の高いチキンカツ(約120g)を使用。ご飯量は大盛り規格の270g、ナポリタンなどの副菜の量は従来品に比べ増量、とんかつソースを付け、500g超の弁当に仕上げた。

また、西友の惣菜部門を担う100%子会社「若菜」の自社工場で製造することでコストを抑え、298円の価格を実現したという。