ワールドが2013年3月期の連結決算を発表し、純損益は7億3600万円の赤字と95年以来18年ぶりに最終赤字を計上した。春物の立ち上がりが順調で商品数を増やすなど強気の展開を行ったが天候不順やセール時期の分散により在庫が膨らみ、上期の業績を圧迫したことが要因だという。

ワールド18年ぶり最終赤字の画像を拡大

 2013年3月期の連結業績は、売上高が前年同期比2.0%増の3364億8000万円と微増を果たしたが、営業利益は同39.0%減の71億7200万円、経常利益は同55.9%減の40億9400万円を計上。純損益は、黒字だった前期の25億6300万円から減少し赤字の7億3600万円に転落した。

 ブランド別では、チャネルに合わせて多様な編集型ストアを展開している「シューラルー」や「オペークドット クリップ」等のストア業態は好調に推移したが、基幹ブランド「アンタイトル」以外のキャリア世代向けブランドやウィメンズ・キッズに向けてショッピングセンター(SC)を主力販路に展開している「ハッシュアッシュ」と「サンカンシオン」が苦戦。上期に39億7200万円の純損失を計上したため、下期に売り方の見直しや経費削減を行い収益性を改善したもの、最終的には、阪神淡路大震災で被災した95年3月期以来の赤字となった。2014年3月期は、SC向け業態に引き続き力を入れるほか、主力販路の百貨店向けブランドを強化して収益を高めていくという。