その広さ東京ドーム118個分! 30年かけて森を創った男

写真拡大


インド北部のアッサムという地区に住むジャダフ・ペイェン(Jadav Payeng)氏。彼は、荒れ果てた不毛の地を30年間かけ、たったひとりで1360エーカー(東京ドーム118個分)もの森に変えてしまったとのこと。

ことの始まりは1979年、ペイェン氏がまだ16歳のとき。家の近くの砂州に沿ってたくさんの野生動物たちが死んでいるのを目撃したとき。

水もなく日陰になるような隠れる場所さえない砂州で、ただひからびていく動物たちを見たPayeng氏はその土地を変えようと決意。そして、1本1本手を使って植物を植え始めたそうです。

詳しくは下記リンクからどうぞ。


その広さ東京ドーム118個分! 30年かけて森を創った男[roomie]

(ギズモード編集部)