ストーカーに悩まされているアシュレイ・ティスデイル (c)Hollywood News

写真拡大

27歳の歌手・女優であるアシュレイ・ティスデイルに1万8888回ものツイートを書き込んだストーカーの男性が彼女の自宅を訪ねていたことが明らかになった。

ディズニー・チャンネルのテレビ映画『ハイスクール・ミュージカル』(06)でアイドル的人気を博したアシュレイが恐怖の体験をした。ゴシップサイト「TMZ」によると、ある男性が2012年の11月からアシュレイに1万8888回ものツイートを書きこみ、さらに最近になって彼女の自宅に現れたのだという。

この男性は妄想癖があるようで、彼女と関係を持っていると思いこんでいるようだ。彼は彼女に、「僕の体はあなたのものだ」、「20年後でもあなたを決して放さないよ。永遠にあなたは僕の親友なんだ」、「僕になんでもしてくれ。僕のハートにかぎをかけて、そのかぎをなくしたらいいよ。僕の魂はあなたのものなんだ」という内容のツイートを繰り返し書き込んでいたらしい。彼はアシュレイの自宅に現れたようだが、彼が彼女と直接会ったかは明らかになっていない。警察は彼の身元を確認しており、彼女に危害を加える可能性があるかどうかを調査中のようだ。

手紙やEメールを大量に送るストーカーは過去にたくさんいたが、今の時代はツイッターを通してのストーカー行為をするようになってきているのだろう。アシュレイは、ネットでのストーカーが自宅に現れたと聞いた時、ぞっとした気分になったにちがいない。【村井 ユーヤ】