米大統領を演じるサミュエル・L・ジャクソン写真:ロイター/アフロ

写真拡大

サミュエル・L・ジャクソンが、新作アクション映画「ビッグ・ゲーム(原題)」でアメリカ合衆国大統領を演じることになったと、米ハリウッド・レポーター誌が報じた。

同作は、「レア・エクスポーツ 囚われのサンタクロース」(2010)で監督デビューを果たしたフィンランドの新鋭ヤルマリ・ヘランダーが、初めて手がける英語作品。大統領専用機がテロリストに撃墜され、森の中に不時着。助かった大統領が、度胸試しのために弓矢を手にひとり森の中に入っていた13歳の少年とともにテロリストと戦うというストーリーだ。その他のキャストは未定。

映画のなかのアフリカンアメリカンの大統領といえば、「ディープ・インパクト」でモーガン・フリーマンが演じたトム・ベック大統領が名高い。また、ジャクソンが「ジャンゴ 繋がれざる者」で共演したジェイミー・フォックスが大統領に扮したローランド・エメリッヒ監督の新作「ホワイトハウス・ダウン」は、8月16日から日本公開される。

■関連記事
サミュエル・L・ジャクソン、新「スター・ウォーズ」へのカムバックを熱望
サミュエル・L・ジャクソン、邦アダルトアニメ「A KITE」実写映画版に参加
「アベンジャーズ」スピンオフTVのタイトルが明らかに
ホワイトハウス陥落!? ジェラルド・バトラー主演作予告&ポスター公開
「キャプテン・アメリカ2」クランクイン 正式キャストも明らかに