スポーツジムでの非常識な光景あるある

写真拡大

スポーツジムでは、マナーを守り、安全面や衛生面に配慮した行動を心がけるべきです。しかし、ときには自分の目を疑いたくなるような、非常識な行動を見かけることも……。今回は、スポーツジムを利用している、又は利用した経験があるという人たちが見かけた、非常識な光景を聞いてみました。

●お話をうかがった方たち

Mさん(30歳・女性)/スポーツジム利用歴3年。現在も継続中。

Nさん(31歳・女性)/過去に1年間スポーツジムを利用。

Aさん(32歳・男性)/スポーツジム利用歴5年。現在も継続中。

Yさん(43歳・男性)/スポーツジム利用歴9年。現在も継続中。

――みなさんがジムで「非常識」だと思ったことを教えてください。

Mさん「私の通っているジムには、エアロビクスなどを行うためのスタジオがあります。人気のレッスンでは、開始時間が近づくとドアの前に人だかりができてしまうのです。

そして、良い場所を確保するために、開始時間になってドアが開くとみなさん猛ダッシュ。特に中年女性たちの勢いがすごくて、正直見ていて引いてしまいますね」

――講師の近くが良い、鏡の前が良いなど、利用者にとってのベストポジションというのがあるのでしょう。しかし、猛ダッシュや激しい押し合いになれば、ケガをしてしまうのでは、と心配ですが……。

Yさん「私は、スタジオで良いポジションを取るためにもみ合って、ケガをした人を見たことがあります。ケガをしたのはかわいそうですが、自業自得ですね。スタッフの方も手当に時間を取られてしまい、迷惑だったと思います」

健康維持のために通っているジムで、ケガをしてしまっては意味がありませんね。周囲への思いやりを持っていれば、こんなつまらないケガはしないはずです。

――やはり、ちょっと変わった人はいるのでしょうか?

Nさん「私の通っていたスポーツジムには、主(ぬし)がいました。主はいつもトレーニングをほとんどせずに、器具に腰掛けて周囲を観察しているのです。

そして、目に付いた利用者に近づき、勝手にアドバイスをします。ほかの常連風の利用者たちは、主にまず挨拶をしてからトレーニングを始めるので、もしかしたらマッチョの世界では有名な人なのかもしれませんが……。

たとえそうだとしても、私のような知らない利用者にとっては、とても不愉快でした」

――アドバイスをしたがる常連客は、結構多いのでしょうか?

Aさん「すごくマッチョなおじさんに、トレーニング中にいきなり話かけられたことがあります。トレーニング方法についてのアドバイスでしたが、正直言ってありがた迷惑です。

アドバイスなら、ジムのトレーナーさんから聞きますよね。しかも、器具や体に触ってくるので、危険だと感じました。ジムのスタッフが注意する様子もなくて、私はまたそのおじさんに会うのが嫌だったので、別のジムに移りました」

トレーニング器具の使用中は、ちょっとした油断がケガにつながってしまうことも。突然、体や器具に触れられるというのは、やはり危険ですね。

また、ジムで主のように振る舞うというのも……。スタッフに注意してほしいところですが、何か注意できない事情でもあったのでしょうか?

――利用者同士のおしゃべりが迷惑だ、という話をよく耳にします。実際に、そのような場面に遭遇したことはありますか?

Mさん「横一列に並んでいるランニングマシーンで、場所が離れているにもかかわらず、中年女性同士がおしゃべりをしながらウォーキングをしていたことがありました。とにかく声が大きくて、お嫁さんや友達の悪口から韓流スターの話まで、すべて聞こえてしまいました」

Yさん「私の通うジムには、ストレッチ用のマットが設置されたスペースがあるのですが、そこでいつも数人の女性利用者が長時間おしゃべりをしています。スペースが限られているので、ストレッチが終わったら早く場所を空けてほしい……」