村田修一がお粗末プレーを反省

ざっくり言うと

  • 14日のセ・パ交流戦で、2年連続優勝を狙う巨人はパ首位のロッテに逆転負け
  • 6回の挟殺プレーのミスをきっかけに2点を返され、8回には3点を奪われた
  • 試合の行方を決めたお粗末な挟殺に村田修一は「僕のミス」と猛省した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング