1億円の札束を前にする与沢翼氏

写真拡大

 株式会社Free Agent Style Holdings代表取締役会長の与沢翼氏(30歳)。アフィリエイト(成果報酬型広告)と情報商材ビジネスなどで、現在グループ企業の年商は50億円。

 都内の5か所の高級マンションにそれぞれ部屋を借り、月の家賃は合計820万円。飲み代なども合わせると毎月の出費は3000万円にものぼる。

 しかし本人は「物欲はない。値段が付いている物は何でも買えるから」とつまらなさそうに話す。

 新たに参入したネットワークビジネスが「マルチまがい」と批判されることもあるが、「商売に貴賎なし。稼げない人間の僻み」と意に介さない。

 最近はバラエティ番組でも“色物的”な扱いで紹介されることが多いが、それも「すべて計算」だという。

「どんな形でもメディアに露出して知名度を上げることでビジネスチャンスも有望な人材も集まる。この体型もデブのほうがネタになりやすいから、わざとそうしてる面もある。

 この情報化社会において無関心こそが一番ヤバイ。いずれ日本人の2人に1人が“YOZAWA”を知るようになります」

撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2013年5月24日号