シリーズ30周年記念の最新作『信長の野望・創造』発表! 歴代13作を収めた記念タイトルも

写真拡大

コーエーテクモゲームスは14日、神奈川県・日吉本社にて、『信長の野望』のシリーズ30周年記念イベントを開催。『信長の野望』最新作の発表に加え、同社ゼネラル・プロデューサーのシブサワ・コウ氏や歴ドルの美甘子を迎えてのトークショーなどが行われた。

今回発表となった『信長の野望』シリーズ最新作『信長の野望・創造』は、「新時代の創造」をコンセプトに、織田信長が成し遂げられなかった天下布武、新しい世界の創造をプレイヤー自らの手で作り上げていく歴史シミュレーションゲーム。美しくリアルに進化する城下町や、多数の軍団が入り乱れるダイナミックな合戦、ドラマティックなイベントといった、前作『信長の野望・天道』以上の内容となっている。プレイヤーは、織田信長や武田信玄など戦国大名の1人となって采配をふるい、内政や合戦、外交などを巧みに行い、並みいる強敵を打ち破り、戦国大名の夢であった天下統一を目指すことが目的となる。対応機種は、シリーズ初となるWindowsXP/Vista/7/8とPS3での同時リリース。発売は2013年中で、さらなる詳細発表は夏休み頃を予定している。

さらに、『信長の野望』30周年を記念した「『信長の野望』歴代タイトル全集(仮称)」の発売も明らかになった。本作は、初代『信長の野望』から『天道』まで全13作(パワーアップキットの内容も含まれる)が詰まった豪華パッケージで、1枚1枚をピクチャーレーベルに収め、歴代のサウンドトラックを収録した音楽CDや、歴代のパッケージを集めた特製アートブックなどをセットにしたもの。さらにコーエーテクモゲームスの「GAMECITY オンラインショッピング」では、オリジナル火縄銃のレプリカが付属する「豪華限定版」も用意される。対応機種はWindowsで、発売日は9月20日を予定。

そのほか、『信長の野望』30周年キャンペーンの新情報としては、『信長の野望』のクラシックコンサートの開催や、映画『劇場版 タイムスクープハンター』と『信長の野望 Online』などとのコラボ企画、世界的なデザイナー山本寛斎氏によるコラボレーション衣装が『信長の野望・創造』に登場することも決定。さらに、本能寺の変が起こった6月2日に新観光スポット「信長茶寮」(場所:京都本能寺後)がオープンすることも明らかに。詳細情報は『信長の野望』30周年記念サイトで公開されている。

発表会に登場したゼネラル・プロデューサーのシブサワ氏は、最初のあいさつとして、まず「あっという間の30周年。1983年3月30日に初代『信長の野望』が発売されて口コミで広まり、年末に大ヒットとなったことを今でも覚えています。『信長の野望』はユーザーに育てていただいたタイトルです」とファンへの感謝の気持ちを述べた。

その後、『信長の野望・創造』のプロデューサーの小笠原賢一氏によるゲームのプレゼンテーションへ。本作のコンセプトは「新時代の創造」で、セールスポイントは「リアリティ」「ダイナミック」「ドラマティック」の3つ。「リアリティ」の部分は、3Dビジュアルマップを採用することはもちろん、ゲームを進めると領国・城下町がリアルに変化するほか、視点は城を見下ろすイメージで、城下町から日本全土までをシームレスに切り替えられるという。

「ダイナミック」の部分に関しては、緊張感溢れる当時の合戦をリアルに再現するため、兵力の集め方や配分の仕方を細かく設定し、複数の城から複数の戦力を集め、多面的な攻撃が可能になったとを解説。このシステムによって従来シリーズで見られた”内政によって大兵力を集めて力で押す”という戦略は通用しなくなっているという。また、今回はシリーズ最多の300以上の城が登場する予定。