IIDA日本支部では、7月4日(木)〜16日(火)の期間、IIDA30周年記念イベント「NIPPON DESIGN」を東京・新宿のOZONE 7Fリビング デザインギャラリーにて開催する。
IIDAでは、「これまで」と「これから」を結ぶ新しい「NIPPON DESIGN」を求めて、日本の美しい素材や技術に新たな視点を加えて、未来の住まいのカタチやデザインの新しい姿を模索する試みを展開中である。今回のイベントでは、それらのこれまでの活動内容を紹介するとともに、IIDAがえる「NIPPON DESIGN」紹介する。

またIIDAでは、「NIPPON DESIGN」開催にあわせ、和の素材を用いた「新しい“NIPPON DESIGN”の居室」のデザインコンペを開催、広くインテリアや建築のプロ、学生からの作品募集をおこなっている。応募期間は5月25日まで(学生奨励賞のみ6月15日まで受付)。
この他、「NIPPON DESIGN」期間中に、関連セミナー「IIDA Japan Chapter 30th Anniversary Seminar」を、7月9日(火)(講師:IIDA本部CEO、Cheryl Durst氏/テーマ:デザインの未来と、その世界的、文化的インパクト)と7月12日(金)(講師Geoffrey Moussas氏/テーマ:京都に魅せられた米国人建築家 Geoffrey Moussas 氏 を迎えて)に行う。現在受講者募集中である。