やんちゃはいけませんね - トッド・フィリップス監督
 - Stephen Lovekin / Getty Images

写真拡大

 今年1月、映画『ハングオーバー!』シリーズでメガホンを取ったトッド・フィリップス監督へのストーカー行為で逮捕された女性に、10年間の接近禁止令が出された。

 ストーカー女性は、フィリップス監督が映画のセットで知り合った22歳のジュリアナ・シアオ。監督によると「一夜限りの関係」だったらしいが、ジュリアナはしつこくメールや電話をし、自宅にも現れるようになったという。今年1月には旅行先から帰ってきた監督が家に侵入された形跡を発見し、警察が彼女を逮捕。監督は一時的接近禁止令を取得していた。

 TMZ.comによると、重罪ストーキングで起訴されたジュリアナは不抗争を申し立て、事実上有罪に。今後10年間はフィリップス監督に対し100ヤード(約91.44メートル)以上の接近を禁止されたほか、30日間の社会奉仕活動と1年間の精神カウンセリングを言い渡されている。(澤田理沙)