トップモデルのジゼル・ブンチェン (c)Hollywood News

写真拡大

32歳のモデルのジゼル・ブンチェンが、自分自身に満足していると明かした。

昨年発表された経済誌「フォーブス」の世界のモデル長者番付で1位に輝いているジゼル。そんな彼女はファッション誌「マリ・クレール」のフランス版に、「私の顔のどこが好きかって? そばかすね。何が嫌いって? 嫌いなところはないわ。うぬぼれているわけではないわよ。私は良いところも悪いところもを受け止めているの」と語った。

さらに「12年前にモデルを始めた時に、人々は私の鼻が大きすぎるって言ったわ。そのことを父に話したの。彼はそれが私の一部だって理解させてくれたわ。今は満足しているの」と話している。

誰にでもコンプレックスはあるだろう。それはトップモデルのジゼルも同じだったようである。ありのままの自分を受け入れることができた彼女は、自分に自信がついて、トップモデルの道へと進むことができたのかもしれない。【馬場 かんな】