三陽商会、希望退職募集に270人応募--会社都合扱い、特別損失約31億円計上へ

写真拡大

三陽商会は13日、2013年1月25日付で公表した約230人の希望退職者募集に対し、270人の応募があったと発表した。同社は4月15日〜26日の期間に希望退職者を募集していた。

退職者は会社都合として扱い、所定の退職金に加え特別退職金を支給する。また、希望者に対し、再就職支援会社を通じた再就職支援を行う。退職日は2013年6月30日。

今回の希望退職者募集に伴い発生する特別退職金と再就職支援に係る費用については、2013年12月期第2四半期決算において、約31億円を特別損失として計上する予定。なお、この費用は、2013年2月14日に公表した2013年12月期の連結業績予想に織り込み済みであるため、業績予想の修正はないという。